胸の小さい人は大きくなるための取り組みを毎日実践

バストアップを目指そう

胸部

バストアップ法を試してみよう

基本的にバストアップをするなら胸の形に合ったバストアップのブラジャーを着けると効果が期待できます。ですが他にも食事や睡眠などでバストアップの効果を促すことも可能です。毎日の取り組みで胸のコンプレックスを解消していきましょう。

胸が小さくなることは冷えも関係アリ

女性は冷え性になりやすいとされています。冷え性になると身体の代謝が低下して胸の成長にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。普段から白湯を飲むとともにカイロなどで身体を中と外から暖めることができます。

バストアップサプリメントを飲む

胸が大きくなるとされる育乳ブラジャーを着けるとともにバストアップに効果が期待できるサプリメントを服用するようにしてみましょう。直接女性ホルモンに働きかけることでバストアップを目指すことができます。

胸が小さくなる、形が悪くなる原因

胸の脂肪が周りに分散される

体重が変化していなくても間違ったブラをつけていると、胸についた脂肪が肩や脇などに広がってしまう恐れがあります。そのまま放置をしているとバストの形や大きさが変化する可能性が高いです。そのため間違ったブラは長期間に渡ってつけないようにしましょう。

胸が下がって形が悪くなる

ブラジャーはバストを支えるために必要なものですが、間違ったブラによって大胸筋が弱くなり自分のバストを支えることができなくなってしまいます。それにより胸が下がって垂れ胸になる可能性が高くなるのです。

胸の血行不良

ブラジャーがきつくて食い込んでしまうと締め付けすぎとなってしまいます。その状態が続くと胸周りが血行不良となるため、胸に栄養を行き渡らせることができなくなることで成長を妨げてしまうのです。これではバストアップをすることはできません。

睡眠不足によるホルモン不足

人間の睡眠は一日の疲れを取るためのものですが、毎日忙しくて満足に眠ることができないという方もいます。眠っている間に女性ホルモンが分泌されているため、睡眠時間を増やすことが大切です。6時間以上は睡眠をするようにしてください。

姿勢の歪み

自然とクセで姿勢が歪んでしまう人もいます。中には最初背筋を伸ばしていても次第に少しずつ猫背になる人もいます。猫背になると血行不良で胸の成長が止まってしまうでしょう。そのため小さい胸で悩みを抱える人が多いです。

広告募集中